アルコール依存症と家族

あなたは、アルコール依存症です。

2013年1月19日、そう医師から主人に伝えられました。
その日から、私たち家族アルコール依存症との闘いが始まりました。

アルコール依存症 トップ

知識ゼロからの出発

医師からアルコール依存症と伝えられた時、私たち家族は、アルコール依存症について全く知識がなく

・すぐに治るもの
・すぐに退院できる
・すぐに以前と同じような家族の生活に戻れる
・お酒も飲めるようになる

そう思っていました。

しかし、その考えは甘いものだったということを「アルコール依存症」という病気を知るにつれて痛感しました。

知れば、知るほど、家族は絶望にふちに立たされました。

「地獄を見たければ、アルコール依存症家族を見るといい」

そんな言葉がありますが、まさにその通りでした。

地獄のような日々・・絶望・・

家族にいちるの希望が

絶望のふちに立たされ、気持ちの行き場を失った私たち家族は、自助グループである断酒会につながりました。

アルコール依存症に完治はない。しかし、回復はする

断酒会に通うようになり、絶望の日々からいちるの望みが生まれました。

アルコール依存症者に対して、家族正しい知識を得て、
正しい対応をしていれば、回復することができるのです!

木漏れ日

「幸せを知りたいなら、回復したアルコール依存症の家族をみてください。」

こんな言葉もあります。
アルコール依存症を回復した家族は、幸せな日々を過ごされています。

アルコール依存症家族、主人、妻でよかった。」

実際に、断酒会で家族の方が言われた言葉だそうです。

この言葉は、現在アルコール依存症とたたかっている家族にとって、希望と元気をあたえてくれるものです。


.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜


私たち家族は、アルコール依存症について知識ゼロからはじまり、病院、断酒会、書籍などで勉強をしてきました。

一進一退を繰り返しながらも、いちるの希望を信じ日々を過ごしていいます。

今まで得たことや体験が、アルコール依存症で悩む家族の役に立ち、心が少しでも軽くなればと思います。