アルコール依存症者にノンアルコール飲料は大丈夫?

ノンアルコール飲料である、ノンアルコールビール、カクテル、チューハイなど、
ノンアルコールだから、アルコール依存症者に飲ませても大丈夫なのでしょうか。

アルコール依存症 ノンアルコール

ノンアルコール飲料である、ノンアルコールビール、カクテル、チューハイなど、
ノンアルコールでも、決してアルコール依存症者に飲ませてはいけません。

ノンアルコール飲料だから大丈夫なのでは?」と思いますが、
ノンアルコールと書かれていても、実際にはアルコールが含まれています。

日本では、アルコール分が1%以下なら、ノンアルコール飲料と表示し、
販売することができます。

だから、、、

『ノンアルコール飲料=アルコールの全く入っていない飲料』

ではありません。

アルコール依存症者が回復するためには、
お酒を一滴たりとも体の中にいれることはできません。

「ノンアルコール飲料だから、アルコール依存症者に飲ませても大丈夫」
なんて、思っていると、ノンアルコール飲料が元で、せっかくの断酒が水のあわ。

飲酒量がもどっていきます。それよりひどくなることも・・

まさか、、、と思いますが、実際に私の夫もそうでした。

まだ、アルコール依存症について無知だったころ、飲酒できないのは可愛そう・・
ノンアルコール飲料を毎日毎日飲ませていました。

しかし、いつの間にか普通のビール、焼酎にもどり、さらに飲酒量は増え、
悪化の一途をたどっていきました。

飲酒できないなんてかわいそう・・

可愛そうではないんです!

アルコール依存症から回復するためには、

「アルコール」とつくものからは遠ざかるしかないんです。

ノンアルコール飲料ならいいだろうと思う、アルコール依存症者は、
まだお酒をあきらめていません。

それを振り切るくらい、強い意志で断酒を決意し、断酒継続してほしいですよね。

だから、家族もアルコール依存症者に負けない強い気持ちで、真剣に
アルコール依存症に向き合っていきましょう。