家族の共依存とは、アルコール依存症の回復を遅らせる?

共依存とはアルコール依存症家族が陥りやすい状態です。

アルコール依存症 身体

アルコール依存症家族は、

アルコール依存症の人を何とか立ち直らせたい、
何とかしてあげたいと必死に行動します。

依存症者のことで頭がいっぱいで、
自分のしたいことや、
やらなければならないことを
後回しにしたり、放っておいたり、
諦めたりしてでもです。

24時間お酒の監視をし、問題が起きれば後始末をし、
とにかく、アルコール依存症の人の問題を
自分の問題のようにとらえ行動しているため、
いつしか自分を追いつめていきます。

私は、あなたのためを思って、色々としているのに、
「なんで飲酒をやめないのよ」「問題をおこすのよ」
疲れ果てていきます。

これが、共依存というものです。

共依存症である家族の存在は、アルコール依存症の人にとって、
とてもやっかいな存在で、回復を遅らせるといいます。

共依存とは、なぜ回復を遅らせる?

共依存症とは、なぜアルコール依存症者の回復を遅らせと
いわれているのでしょうか?

アルコール依存症という病気は、

アルコール依存症者本人の病気であり、
本人が真剣に向き合わなければ、回復につながらない病気です。

共依存症である家族がどうこうできる病気ではありません。

家族が、アルコール依存症者の問題を解決、尻拭いしていては、
とうの本人は、真剣に病気と向き合うことはありません。

共依存症という家族が、何をしても解決、尻拭いしてくれると
思っているからです。

だから、共依存とはアルコール依存症者の回復を遅らせます。

そうしないためには、、、

アルコール依存症の問題から手を離す

アルコール依存症者のために、何とかしてあげたいと思う気持ちは、
とてもよくわかります。
私は、共依存が強いとよく言われます・・

しかし、それは回復を遅らすこと。

私たちアルコール依存症家族は、アルコール依存症者自身が
向き合うべき問題から、手を離しましょう。

アルコール依存症という病気は、本人が解決する問題です。

アルコール依存症者は、子供ではありません。
立派な大人で、解決する力を持っています。

しかし、共依存とは、悪い存在か・・
といわれれば、それだけではありません。

アルコール依存症者が回復するには、必要な存在であるとも
いわれています。

アルコール依存症者が助けを求めてきた時のみ、
手を差しのべてください。

それが、家族、アルコール依存症者、お互いにとって、
一番最善の方法です。

それまで家族は、自分のやるべきこと、したいことをしましょう。

そうすれば、家族の心も軽くなり、よい方へころがっていくと
思いますよ・・