交通事故がはじまりだった・・

「また、事故した」

2013年1月15日の19時ごろ、夫の帰宅を待つ私にはいった、
メールが届いた。

アルコール依存症 離脱症状

このメールが、私たち家族の長い長い闘いの日々のはじまりで、
苦しく辛い毎日が待ち受けていようとは、想像もしていませんでした。

アルコール依存症という病気との闘い。。。

・・・・・・・・

数週間前の出勤途中に追突事故を起こし、
あれだけ気を付けて運転するように!と念を押したのに!!

怒りを抑えながら、電話するも、、、

つながらない。
メールしてもかえってこない。

どうしたんだろう・・・

しばらくして電話がなり、どうなってるの?と話しかけるも、
電話のむこうで警察官の声がして、突然電話がきれた。

どうしてよいかわからない、不安な時間・・・

いろいろな思いがめぐりめぐり、寝ないで待っていると、
夜遅くに、知らない番号から電話。

「警察です。ご主人は飲酒運転で今、警察にいます。
 しばらく帰ることはできません。 
 本人からの伝言で、会社に休むと電話してほしいとのことです」

突然のことで、頭が真っ白・・

警察の方と何を話したかも記憶がまったくなく、
電話を切ったあとも、どうしたのか・・

ただただ不安と心配で、眠れなかった記憶だけが残っています。




コメント


認証コード6156

コメントは管理者の承認後に表示されます。