アルコール依存症の夫を・・

アルコール依存症 身体

アルコール依存症を見るたびに思う。

いつまで、こうしているんだろう・・
いつまで、お酒に頼るんだろう・・
いつまで、逃げているんだろう・・
いったいいつまで・・

アルコール依存症と診断されても、
お酒でたくさんの失敗をしても、
失ったこともたくさんあるのに、
全く病気と向き合おうとしない。

こんなを、好きになって、添い遂げようとした
自分がだんだん情けなくなってくる。

一緒になる前になぜ、アルコール依存症だと、
気づけなかったのか・・

お酒さえ飲まなければ、本当に良い人であり、
であり、父であり・・・

アルコール依存症者を持つ家族の方が、
良く言うセリフですね・・・

見ているのが苦しいなら、早く見捨てて、
離婚すればいい。

それが一番楽な方法。

それができれば、夫の醜態をみなくていいし、
からまれることもないから、私にとっても幸せ。

だけど、果たして子供にとって良い選択となるのか・・

私が楽になってとしても、夫と一緒にいたい子供を
引き離してもいいのか・・

そこでいつも止まってしまう。

子供を言い訳につかって、
まだ、アルコール依存症をコントロールしようとしている??

そうなのかな・・・

何がよくて、何がよくない判断なのか
わからなくなってくる・・・

また少し、気分が下がり気味のようで、
ちょっと気分転換しないとダメかな・・・

    コメント


    認証コード9388

    コメントは管理者の承認後に表示されます。