40歳過ぎの男が、、、

子供と一緒に早く寝たのに、
朝起きたら、体が重い・・疲れた・・


夜中に、私の名前を呼ぶ声が聞こえてきて
起きて寝室からでると、、、

夫がちょうど帰宅したらしく、
私の顔をみるなり、テーブルの陰に隠れた・・・

はぁ?????

イラッとしながらも、私を呼んでいる声の方に
いくと、義父が階段に。

息子の帰りが遅いから心配で、どこへ行ったか
聞きにきたそうで、、、

時計を見ると、0時をまわったところ。

ちょうど、帰宅したので、本人に聞いてくださいと、
夫にふると、しぶしぶテーブルの陰からでてきた#

40歳過ぎた男と、40歳過ぎた男を心配する親。

40歳過ぎてなにやってんだか・・
このダメ夫は・・

相当な量のお酒を飲んできたことは間違いなく、
呂律は回らず、足もフラフラ。口調も強く、
こういう時は、相手にしない方が賢いわ・・

義父も、40歳過ぎた息子を今頃心配するなら、
もっと小さい頃から、心配して、大切にしてあげれば
アルコール依存症にならなかったかもしれないのに・・

まあ、どちらにしても、
私の問題ではないので、再び寝室へ。

しかし、、、

バカが、洗面所とお風呂場でバタバタ、
がったん。

終わったと思ったら、
大音量のテレビ音が、隣の部屋から聞こえてくる・・

イライラで寝れない。

やっと寝れそう・・と思ったら、
再び、ガタガタと音がして、シャワー音。

一晩中、イライラで、最悪の目覚め。

おも~い体を、なんとか起こして、
朝の用意。


子供を見送るとき、外を出てみると、、、

フェンスに、下着、ズボン、ブランケット、
靴下が掛けてある。

なんで?と、思って近づいてみると、、、

アンモニア臭。

40歳過ぎの男が、おもらし。

なさけないっていったらありゃしない。

夫に聞くと、しちゃった。。。
ごめんね~。

それに加え、、、

帰宅ルート、いつ帰宅したか、どうやって帰宅したか、
昨晩のことを何も覚えていないとのこと。

私の顔をみて、テーブルにかくれたことさえも。


でもこれがアルコール依存症なんだ・・

アルコールにのまれ、
醜態をさらしても、またさらに飲む。

この戦いは、いつまで続くのでしょうか・・

コメント


認証コード1788

コメントは管理者の承認後に表示されます。