離婚したほうがいいのになぜ離婚できない?

アルコール依存症の夫(妻)を持つ家族は苦しんでいるのに、
なぜなかなか離婚しないの?離婚できないの?

離婚できない

アルコール依存症の夫(妻)とは離婚したほうがいい」

アルコール依存症の夫(妻)を持つ家族は、周りの方から
こうアドバイスをいただきます。

自分のため、子供のため、離婚したほうがよいことは、
依存症者の夫(妻)はよくわかっています。

しかし、なかなか離婚できないんです・・・

周りの方は、アルコール依存症の家族のことを心配して
いってくれている、ありがたいアドバイス。

でも、夫(妻)からすると、、、

頭ではわかっているけれど、離婚できないんです。

なぜか・・・

アルコール問題の後始末。暴力。暴言など、
たくさん嫌な思いをしても、見捨てることができないんです。

私たちがいなくなったら、この人は・・

でもやっぱり、辛いから離婚を考える。

この人は立ち直ってくれるはず・・回復するはず・・
と思う気持ちが捨てきれずに、離婚を思いとどまる。

医者、自助グループ、依存症関連の書籍に、
離婚をしてしまい、アルコール依存症に向き合わなかったら、
あとで後悔するはず。また同じような人を好きになるはず。
同じようなことを繰り返すはず。

離婚しないで、アルコール依存症に向き合ってみよう。

アルコール依存症の家族は、離婚を考えるほど、病気に巻き込まれ
苦しく、辛いはずなのに、色々な思いがめぐり、めぐって、離婚できないでいるのです。

依存症の家族には依存症の家族にしかわからないこともあります。

だから、離婚という言葉をあまりにを口にださないでほしい・・
そう思う家族の気持ちもあります。

わかっているんです。本当にわかっているんです。

アルコール依存症の家族は、こんな思いを抱えて必死です。

アルコール依存症という病気が、家族にこんな影響を与えている
というこを知ってもらえたらいいなと思います・・




コメント


認証コード4687

コメントは管理者の承認後に表示されます。