アルコール依存症の前兆は・・

アルコール依存症前兆はあったのではないか・・前兆に早く気づき対応をしていればかわっていたかもしれない・・と、悩んでいた時期があります。

アルコール依存症の前兆???思い起こしてみると、、、

アルコール依存症 前兆

アルコール依存症前兆で代表的な症状なのが、手の震え。お酒をよく飲む人の手が震えているなら、アルコール依存症の疑いあり。

私の母も、夫が依存症と診断される前、夫と会った後の電話で「手が震えていたけど大丈夫?知り合いにアルコール中毒の人がいたけれど、なんだかそっくりよ。アルコール中毒じゃない。病院へいったら」と・・・

その時、手の震えについて夫に話をすると「ほら震えてないよ」と手を見せてきて、震えがなかったので話は流れてしまいましたが、やはりこの時すでにアルコール依存症だった気がします。

そして、手の震えもそうですが、今思えばあれもアルコール依存症前兆?と思ったのが、飲酒量と飲む時間

お酒が好きだった私は、当初はさほど気にもとめなかったのですが、朝起きてひと口?の焼酎を飲み、昼食で一度帰宅すると缶チューハイを飲み、飲み足りないと焼酎を。そして帰宅すると何よりも先にお酒を飲み始める。

特にひどかったのが休みの日。朝起きてからグラスを手放すことがなく、出かける際も、ペットボトルなどに入れて出かける。なければ出先で購入。

アルコール度数30度の焼酎パック2Lが、早くて1日。遅くても3日でなくなった。

アルコール依存症は、朝から飲む。場所、時間を問わず。そして、酔わなくなるためどんどんお酒の量が増えていく。

そして、それに比例するようにお酒での問題行動が多くなっていった気がします。

お酒を飲めばキレやすく、ある時、国道を走っている最中にキレて、「車をとめろ~止めなかった飛び降りてやる~」と叫び、ドアを何度もあけそうになった。

飲み会でキレて出ていき、行方不明・・みんなを困らせる。キレて家から出ていくことはしょっちゅう。物はこわす、たたく、蹴る。

お小水の問題も。・・寝ぼけて?ベランダの柵に向けてする。お風呂場で浴槽にむかってする。タンスの扉を開けて中にする。布団で、たたみで・・

眼科へ行った帰りに真剣な顔で、「腕をぐっとつかむと手から汗が飛び散って、その飛び散った汗が小人になってかけていくんだよ~」って、これにはドン引き。でもさらに「信じてないの?本当だよ。汗が小人になるんだよ~」って。

記憶力が低下しているのか、何度も聞いても話がかみ合わない。

そして、事故を起こし飲酒運転でつかまる数日前。本人も後に話していたけれどこの時期、体がいいうことを聞かない。自分でコントロールができないような状態だったと・・

寝ようと思い寝室に入ると夫がいない・・よく見ると、押し入れの中でニタニタ笑いながら、誰かとしゃべってる・・

夜中突然ベランダに出て、誰かと話をしているのか、独り言なのか?数分後に、再び布団の中に。

何かにとりつかれているような異様な感じだった。

アルコール依存症前兆

人によっていろいろな違いはあると思うけれど、家族が「あれっ?何かおかしい」と感じたらできるだけ早く、病院ないし、相談機関に相談するのがいいと思います。

アルコール依存症ではなかった。だったら家族も一安心ですよね。




コメント


認証コード1040

コメントは管理者の承認後に表示されます。