急性アルコール膵炎になり6日目

夫が急性アルコール膵炎で入院して6日目。

集中治療室に入っているから、呼び出されることはないと思いながらも携帯が気になり、電話が鳴るたびにドキドキする・・

急性アルコール膵炎 6日目

今日は土曜日。夫が入院し、知らず知らずに子供にも負担をかけているだろう・・と思い、おもちゃがみたい。本屋さんへいきたい。という子供の要望通り、家事を一通りすませでかけることに。面会は夕方からでいいかな。。。

車中でも夫の話をしない。子供の記憶があるだろうという時期から数えて、すでに3度も入院。子供ながらに何かを感じ、夫の話をしない。そして、私を困らせないためか、普段より大人しくしている。

子供が周りの雰囲気をよみ、気を使わせてしまって、本当になさけない両親だと思う・・それと同時に我が子だけは、守り抜かないといけないなと思う。。。

アルコール依存症の親を持つ子供は、アルコール依存症になる確率が高い。そうさせたくはない。。。

ぶらぶらお買い物をし、子供がほしいおもちゃを購入。遊びたいからもう家に帰る!と、早々に帰宅。お昼まだいらない、おもちゃで遊ぶとのことで、夫の面会時間に間に合いそうだったので、義理の両親がいることを確認してから病院へ向かう。

病室に入ると、昨日よりは顔色がいいのかな???と思わせる感じがした。すると、看護師さんから症状が落ち着きだしたので、一般病棟へ14時30分ごろに移動しますとのこと。

1時間後・・一般病棟へ移るということは、着替えなど必要なものをもってこないと。。。到着早々、荷物を取りに自宅へ戻る。

急な話に、子供のお昼は、、、コンビニで、大好きなドーナツと、から揚げを購入。

子供には、「きちんと食事作れなくて、ごめんね、ごめんね。夜はきちんと作るから」と。すると、「ドーナツもから揚げも大好きだからいいよ。買ってきてくれてありがとうね。ママも食べる?」って・・・

親がダメだと、子供がしっかりするというけれど、こんな小さいのに我慢させて、気遣ってくれて、本当にごめんね。。。ありがとう。。。

食事を済ませ、荷物を持って病院へ。15時過ぎになってしまったけれど、ちょうど移動が完了したところですよと病室まで案内してもらう。

胸だけ抑制帯をし、手と足首にはガーゼが。動きまくり、皮膚がやぶれて血がでているみたい。

ふとテレビをみると横にオムツが・・わかっているけれど、ちょっと現実逃避したくなり、何も言わずに荷物整理。それなのに、大股ひろげているから浴衣からオムツがちらっと・・見たくないよ。。。下着が見えるよと!と強くいって浴衣をなおした。

急性アルコール膵炎で入院してから6日目になるので、アルコールがだいぶ抜けて、離脱症状も治まりかけているようで、話は何とかかみ合ったきた感じがする(でも、何かが違う感じがしてならない)しかし、手と全身の震えが治まらない。筋力低下と薬のせいもあり歩行はできない。転倒注意で、移動の際は補助なしでは動けない。だから、大も小も尿瓶を使用。悲しい・・

夫は今、何を思っているんだろう・・アルコールでまた家族を振り回し、看護師さんにお小水、便をとってもらい、体を拭いてもらい、オムツをはいて・・40過ぎの男が悲しくないのか・・

今はきっと夫に何を言っても、聞いても無理・・

そんなことを夫もみながら考えていると、ちょっと辛くなってきたので、看護師さんにお願いをし帰宅。

明日も休みだから、子供とゆっくりしよう。。。




コメント


認証コード6135

コメントは管理者の承認後に表示されます。