断酒会はアルコール依存症の回復には絶対に必要と感じた・・

昨日、先週に引き続き断酒会へ行き、アルコール依存症の男性から聞いた言葉。

最初は断酒会にきても意味がないと思っていました。けれど、勉強していくうちにつれ、断酒会なしでは回復はしない。断酒会へ通うことへの意味、重要さがよくわかった。だから私は、断酒会に通い続けます。

アルコール依存症 回復

昨日の断酒会は、お祝いムードが漂っていました。

アルコール依存症である男性の方、アルコール依存症治療の専門病院に2年ほどの紆余曲折を経て、入院し、2か月半のプログラムを無事に終え、退院。

とてもすごいことです!!!!!

アルコール依存症の専門病院に入院し、2か月半のプログラムを無事に終える方は約1割ほどだそうです。

飲酒欲求との戦いに疲れ、途中で退院してしまったり、最初の1か月、入院施設から出ることは許されませんが、それを過ぎると外出許可がでて1週間に1回、なれたら2回となっていくそうですが、外出したまま帰ってこない、となるそうです・・

退院したからと言って、喜んでばかりもいられません。頑張って退院しても、そのまま断酒を数年継続できる人といえば約2割ほど。それだけ、アルコール依存症からの回復というのは難しいものです・・

でも、この方、断酒会に来られた当時から知っていますが、家族思いで優しい方。本当に底つき体験をし、苦しい時期をすごされたそうで、家族のためにもアルコール依存症を克服したい!と、断酒継続に向け1日1日をすごしていきますとおっしゃっていましたので、きっと断酒を継続されると思います。

それに、断酒会へ通うことの意味、重要さを、治療プログラムの過程で知り、身をもって感じたそうで、当日、断酒会に入会されたようです。

話を聞いていると、回復の道を進まれているなと気持ちがいっぱいになりました。。。アルコール依存症から回復する方がいる。だから家族にも希望が持てるんですね・・

夫はというと、犬の散歩に行くが、退院後で体がまだ辛いから、断酒会は来週から行くと言い来ませんでした。

疑うなら、来週から継続して断酒会に通い、通院もすると一筆かくよ!なんて偉そうにいっておりました。が、、、私は、そんなことより行動で示してと、強い口調で、さらっと言っておきました。

退院した男性のように、断酒会の意味、重要さを夫もいつかはわかってくれるといいな・・と思います。

アルコール依存症は、医者では治らないけど、断酒会に行けば回復する。そう言われているように、断酒会には不思議なパワーがあるのです。

アルコール依存症本人が断酒会に通うわないなら、まずは家族からでも、ぜひ足を運んでみてください。

コメント


認証コード2138

コメントは管理者の承認後に表示されます。