あれ?お酒、やめたよね・・・

急性アルコール膵炎で入院し、退院してから5日目。お酒やめたことで、体調はまず問題はなさそう。

でも、仕事を再開しだして、ストレスで、また再飲酒になるかと心配がよぎる。

その悪い予感が、的中?????

お酒 やめる

夫が仕事から帰宅すると、「ん?ん?ん?」

なんだか、お酒を飲んだあとの独特のニオイがたばこのニオイと混じっている感じがする。

夫がアルコール依存症になり、私は一切のお酒やめた。だから、匂いに敏感だった私がさらに敏感になってしまった・・

焼酎じゃないなこのニオイ・・・ほかのお酒?ビール?チューハイ??

いや、でもでも、お酒やめたはず・・・

3回も急性アルコール膵炎で入院し、仕事先にも、家族にも迷惑をかけ、「次お酒を飲んだら今回以上にひどい状態で再入院の可がありますからお酒は絶対に飲まないでください。ドクターストップですよ!」と担当医から釘をさされたのに、まさかね、、、

お酒やめたと思っているのは私だけで、また夫に嘘をつかれて、ダマされているのかな・・と、とても悲しくなってきた。

でも、気のせいだったかもしれないと、自分の首を絞めないためにも、夫の飲酒の詮索はやめ、何も気づかなかったフリ、何も知らないフリで、その場を過ごした。

飲酒問題は、夫の問題。私の問題ではないから気になっても放っておかなければいけない。

アルコール依存症の家族は、飲酒しないかと常に不安になる。けれど、飲酒問題は当人の問題だと放っておかなければ、お互いに回復の糸口は見えてきません。

放っておくことがなかなかできないのがアルコール依存症の家族(耳の痛い話・・)ですが、、、私たち家族は強くならなければ、アルコール依存症と戦えません。

そのためには、アルコール依存症について知る。断酒会など、気持ちを吐き出す場所を作る。

家族みんな、アルコール依存症に負けないくらい強くなれるといいですね。

コメント


認証コード1331

コメントは管理者の承認後に表示されます。